KAZUMA|直感投資と戯言

直感投資家。昨年のリターンは650%ほど。チャートも見ますが時事ネタ等から直感で動くスタイルです。記事は話半分以下でお読みください。キングダムの考察はnoteで更新中。https://note.com/kazugaga

アルケゴス…恐竜か何かでしょうか?

f:id:kazumaxinvest:20210330215036p:plain

アルケゴスの件が話題になってますね。一瞬、ジュラ紀あたりに生息していたアルケゴスという新種の恐竜が見つかったのかと思いました。

www.bloomberg.co.jp

 

関連する取引が拡大すると…これだけでは済まない感じもします。

jp.reuters.com

www.bloomberg.co.jp

 

サブプライムの時のように、負の連鎖が始まると、金融市場は一気に大混乱に陥ります。アメリカは米ドル覇権含め、ちょっと危険な匂いがしてきました。

 

新たに発表された中国とイランの戦略的パートナーシップ協定は、米国の制裁を打ち砕こうとしています。このエネルギー戦略は思いつきではなく、長年の両国のロードマップ上にあります。

thealtworld.com

イランは石油とガスが豊富で、アメリカに 「No」と言える唯一のエネルギー産出国であり、他国、特に中国とのパートナーシップについて独立した立場を取ることができます。中国は、イランと経済的な結びつきを強くすることで、アメリカがイランにちょっかいを出せなくなることも狙っていると思います。

 

その中国に対して、アメリカを始めとしたいわゆる帝国主義の西側諸国がちょっかいを出しています。

 

日本の中では、公明党の山口代表が最もバランスの取れた発言をしたと思っています。

www.sankei.com

つまり、「まだ確固たる根拠はないでしょ」と言ってます。いたずらに外交問題化するのは、日本にとってメリットがありません。離れたアメリカよりも、隣の中国と経済圏を作ったほうがメリットが大きい。

 

日本にはこういうまともな判断が出来る政治家が少ない気がします。アメリカの奴隷なので仕方ないと思うのですが、政治家がそうなのであれば、財界人で影響力のある人が、まっとうな発言をすべきなのです…が、民間人が出しゃばるとビジネスや雇用に影響が出るので言えません。三木谷さんなんて、中国のほうしか向いてないわけですから、きちんと発言しても良いと思うのですが。

 

…ということで、中国はアジア~中東~アフリカで経済的に強固な「同盟」を構築します。それは相互発展のためであって、どこかの国を攻撃するという意図は無いと思います。南シナ海にはカナダやオーストラリアの軍艦も姿を見せ始めていますが、早くそのImperialismを捨てて自国の平和と安定を目指したほうが正しい。

 

まぁ…この流れだと、バリュー株はなかなか上がらないでしょうね。こういう時は仕込んで様子見、冒頭のキナ臭い流れに巻き込まれないようにしなければですね。すべてアメリカで巻き起こりそうです。

 

株価下落に巻き込まれてしまったNIOですが、AI Excellence AwardsでWinnerになたようです。

www.nio.com

 

他にもGood Newsがあるのですが、世界的な半導体の供給量不足も影響して、生産台数は減るようです。これはNIOだけではなく、他社も同じ状況になりそう。

 

話は変わりますが、本格的にNFTを活用した社会貢献を開始する予定です。もし、こちらにあるようなデジタルカードのデザインが出来る方がいましたら、自薦他薦問わずご連絡くださいませ。最大の目的はお金儲けではなく、社会貢献です。