KAZUMA|直感投資と戯言

直感投資家。昨年のリターンは650%ほど。チャートも見ますが時事ネタ等から直感で動くスタイルです。記事は話半分以下でお読みください。キングダムの考察はnoteで更新中。https://note.com/kazugaga

米フォード、NIOと包括的提携

先月、中国におけるEV含めた自動車業界の動向を、みずほ銀行(中国)がリリースしました。

f:id:kazumaxinvest:20210414165920p:plain

(Source:みずほ銀行(中国)有限公司

 

No.6がNIOです。No.12にも合弁のことが記載されています。

 

先日記事で書いた通り、通算10万台の生産を達成したNIOは引き続き注目しています。ちなみにこの10万台達成、TESLAは創業から13年かかっているところを、NIOは3年で達成しました。

 

既報の通りSINOPECとの提携を発表したNIOですが、どんどんこの手のニュースが増えています。

 

そしてフォード(米国)も、NIOと包括的提携を発表。

wccftech.com

NIOの全国的な急速充電ネットワークも、Mustang Mach-Eのユーザーが利用できるようになります。

 

NIOのバッテリー・スワップ・ステーション(BSS)は、バッテリー・スワップしか出来ないと思っている方も多いのですが、急速充電も出来ます。つまり、他のEVメーカーが利用できる素地がある。それを、NIOはSINOPECのステーションに設定していけるわけですから、今の株価はまだ低いと思っているわけです。

 

フォードのみならず、他のメーカーも提携していくかもしれません。それほど、NIOは優位な環境を構築しつつあります。アプリ然り。NIOは車体販売だけがキャッシュポイントではないので、そこに一般投資家がいつ気づいていくのか、楽しみです。

 

以前掲載しましたが、バッテリー相関図を再掲。

 

f:id:kazumaxinvest:20210414172153p:plain

 


もしかしたら日系企業もNIOと提携したりして…そんな予感がしてきました。

 

f:id:kazumaxinvest:20210412164822p:plain