KAZUMA|直感投資と戯言

直感投資家。昨年のリターンは650%ほど。チャートも見ますが時事ネタ等から直感で動くスタイルです。記事は話半分以下でお読みください。キングダムの考察はnoteで更新中。https://note.com/kazugaga

崎山蒼志、恐るべし才能

f:id:kazumaxinvest:20210204215013p:plain

 

今朝、何気なくつけたTVで、崎山蒼志が出演してました。小さい頃にTVに出演してからYouTubeで聴いてたんですけど、彼の歌は、普通のアーティストとは違うところに刺さってきます。

www.youtube.com

衝撃で言えば、中村一義の「犬と猫」の時のようです。

www.youtube.com

イントネーション的にはフジファブリックの故・志村さんとか、癖ある系。

www.youtube.com

甘酸っぱい恋を経験すると、サニーデイ・サービスのような甘い切ない感じが出てくるかもしれません。

www.youtube.com

 

いや、過去との比較は野暮で意味がないので、独自のアプローチで楽しませてくれると思います。

 

なんか最近の曲って(こう言うのって年をとった証拠だと思いますが)、8小節の空間を、無理やり音符と言葉をキレイに詰め込んでる感じがしませんか?作り込み過ぎてるというか、余白がないというか。

 

余白から感じる音のグルーヴってあると思うんですよね。遊びっていうんですかね。絵で言えば空間だったり、歌舞伎で言えば動きのメリハリの「止め」のところだったり。「止め」がしっかり止まってないと、ダサいんですよね。

 

それが無い感じがするんです。

 

素人が何言ってるんだという感じだと思いますが、そういうのが「上手いなぁ」と思ったりするんです。ジャガジャガノリノリでやってたThe Beatlesが、Come Togetherを歌ったみたいに。なかなか出せないものを、崎山蒼志は既に持ってる気がする。

 

これぞ戯言。